メインコンテンツ

その他のコンテンツ

脚が太くなる理由

ダイエットをしてスタイルを美しくしたい。誰もが一度は思うことですが、どんなにがんばってもなぜか脂肪が落ちない、そんな経験もあるのではないでしょうか。特に脚に関してはカロリーを制限して体重が減っているのになかなか細くならない、という意見が多くきかれます。ではどうして脚は太くなるのでしょうか。その原因として、まず「むくみ」が考えられます。体にたまった水分や老廃物は重力の影響で下半身にたまりやすく、脚を太くしていきます。

またそのことによって、循環が悪くなり代謝機能が落ちむくみを悪化させる悪循環になってきます。そして、セルライトを呼ぶ原因になっている場合もあります。セルライトはよくダイエットや特に脚痩せの天敵のように言われることがあります。実際にはまだよく解明されていない事があるのですが、脂肪細胞や老廃物がたまりを指し、循環の悪さが大きな原因といわれています。セルライトがたまると肌がぼこぼこになり、オレンジピールと呼ばれる現象が起きてくることがわかっています。

次には「体の歪み」があげられます。体の重心がどちらかに偏っていると、その体を支えるために脚はバランスを取るために筋肉を使いバランスを取ろうとします。そのために筋肉が偏ったところにつき脚が太くなるのです。他に考えられる原因として、「脂肪太り」もあります。筋肉の量が少なく、体全体がふくよかな人に多く見られます。食生活の改善から始める必要があります。このように脚が太くなる原因もいくつかに分かれます。